味噌は健康によいのか

味噌は健康によいのか

ご飯と味噌汁は良く合います。
これはその味覚的な要素もありますが、薬効的にも良く合っているのです。
味噌に含まれている栄養素の種類は豊富です。
特に白米には足らないリジン、精米されて失われた胚芽のビタミンB1、B2、鉄、カルシウムなども補充出来るのです。

大豆に含まれている良質の植物性タンパク質は、発酵の段階で消化のしやすいアミノ酸に分解されていきます。
発酵が成熟してくるとビタミン類も生成されてきます。
このビタミン類は体の新陳代謝を促進します。

製造に使われる麹菌自体にも老化防止効果があります。
乳酸菌も整腸作用があり、便秘や下痢に効きます。

気を付けるのは、その塩分くらいです。
いくら体に良いと言っても、取り過ぎると塩分の過剰摂取になります。
高血圧などで塩分を控えたい人は、塩分を通常の50%以下にまで抑えた減塩味噌もあります。
また、具材に食物繊維の豊富なわかめや、カリウムを含んだ野菜を入れると減塩効果が出ます。
食物繊維やカリウムは、ナトリウムの吸収を防ぐと伴に、排泄を促進するからです。

一般に発酵食品の長所は、原料成分が消化吸収されやすくなり、酵母菌を体内に取り入れられることにあります。
味噌はもちろん醤油も納豆も食する事のメリットは計り知れないのです。

Leave a comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>